カードローン審査に通過するために

MENU

自分の条件に見合っている会社か

カードローンの審査基準は各社で異なります。

 

よって、自分の条件に見合った会社を選択して申し込むことが大切です。

 

とはいえ、審査の基準を訊ねたところで教えてくれる金融会社はないので、表に見える情報から判断するしかありません。

一般的には低金利になるほど審査に厳しく、高金利になるほどゆるいとされています。

 

それを考慮すると厳しめなのは銀行、緩いのは消費者金融ということになるでしょう。

紙面上の審査

まず、紙面上の申込み内容が確認されます。

 

自身で記入した年齢、職業、年収、勤続年数、家族構成、そのほか持家か固定電話は引いてるかなど全ての情報がチェックされます。

 

年齢は20代中盤〜40代の働き盛りにかけて評価が高く、もちろん職業は安定性があり年収も高い方が有利になります。

 

また、持家や固定電話を引いているほうが逃げられる可能性が低いので評価もよくなります。

過去データの審査

紙面上の情報以上に重要視されるのが過去から現在までの借入れ状況です。

 

他社からの借り入れ件数が多かったり、過去に滞納や延滞をしている場合は一様に審査が厳しくなります。

 

また、実際に借りていなくてもカードローンやクレジットカードを所有しているだけで、そこで設定されている利用限度額が影響してしまうため、利用していないカードは解約しておくようにしましょう。

条件はいいはずなのは落ちてしまう理由

紙面上の情報も過去の借入れデータも特に問題はないはずなのに審査に落ちてしまったという場合は申込み内容の不備の可能性があります。

 

正しい情報で申し込むということも重要な条件になるため、記入漏れや記入間違いがあると落とされてしまうでしょう。

 

また、落とされないにしても確認のために手間取ります。

 

そして、嘘の情報での申し込みは論外です。

 

バレないだろうと思って申し込んでも、きちんと調べられますので高確立でバレてしまいます。

 

すると、今回の申し込みだけではなく、今後のカードローン申込み全てに悪影響が出てきてしまうので正しい情報で申し込むようにしましょう。


■当サイトに関する注意事項
当サイトで掲載しております情報につきましては、十分な注意を払って提供しておりますが、法改正により相違が生じる可能性があります。
サイトの情報を利用し判断・行動する場合は弁護士等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。
本ページのいかなる情報により生じた損失に対しても当方は責任を負いません。

カードローン審査に通過するために関連ページ

カードローン審査の流れとチェックポイント
カードローン審査は、机上審査→信用情報のチェック→電話による在籍確認→本人確認書類のチェックという流れで行われます。
カードローンの審査を受ける前にやるべきこと
カードローンは、借入したいからといって即座に借りることができるとは限りません。 返済能力がある人に限って使えるローンですので、事業者側が返済不能、あるいは困難であると結論を下したら借り入れることは不可能です。
消費者金融と銀行系カードローンの違い
消費者金融のサービスに対し、銀行の取り扱うカードローンは、審査がやや厳しいという特徴があります。勤続年数や会社の規模、年収といった要素を基準にして利用の可否が決定される場合が多いのです。
カードローンに審査に甘いところはあるのか
カードローンに審査において甘い事業者はあるのでしょうか?
カードローンの審査に通過するために知っておきたいこと
カードローンに申込む予定なら、総量規制について正確に理解し、どこの金融会社なら申し込めるのか考えてみてみましょう。
カードローンの審査で一番問われるのは返済能力
カードローン業者は、属性、個人信用情報機関などを参考にして融資の可否を決めますが、最も信用できるデータは自社における過去の借入状況なのです。
カードローンの審査は昔と比べてどう変わった?
今のカードローンは、昔よりもずっと審査が厳格ですが、貸付条件はかなりよくなっています。
カードローンを利用する時はまず審査から
収入が沢山あれば審査にも通りやすいと思われがちですが、実は決してそうとは言い切れません。審査の時のポイントは、その人が返してくれるかどうかという事です。
カードローンの審査はスピーディになった
カードローンでは即日融資やスピード融資などのサービスが充実してきていますから、借りようと思えば、その日のうちに借りることも可能です。