利息制限法と過払い金

MENU

利息制限法と過払い金記事一覧

最近は過払い金請求のCMや広告などが頻繁に流されているため、それを目にして「ひょっとしたら自分も…?」と不安になっている方は多いでしょう。「2010年6月以前に信販系や消費者金融からお金を借りていた方」は、過払い金がある可能性が高いです。クレジットカードを利用したキャッシングも該当します。

過払い金の返還を求める際には、まず金融業者と交渉する事から始まりますが、決裂した場合は最後の手段として裁判所に訴えを起こすことになります。そのため、過払い金の返還請求を行うのには、司法書士か弁護士に依頼するのが適切です。

過払い金返還の請求を行うにあたって、1番最初に行わなくてはいけないのが引き直し計算です。本来払うべき利息と実際に支払ったお金を比較して、現在どれくらいの過払金があるのかを計算します。そのために、貸金業者に対して取引履歴の開示を請求します。

過払い金の返還請求に際して、多くの方が誤解されていることがあります。正確な認識で臨まないと、不当な条件での和解をしてしまい、のちに大きな問題となる恐れもあります。

個人で返還請求を行う場合にありがちですが、任意交渉の場で安易に業者側の提案を受け入れる和解は避けましょう。業者側は支払いの額を極力低く抑えるため、請求額のごく一部の金額を提示する事がほとんどです。また専門家であっても、過払い金返還請求の経験が少ない場合、業者側に有利な条件で和解してしまうケースも見られます。

やはりなんといっても、本来の自分のお金が手元に取り戻せるという点でしょう。また、現在も債務を返済中の方で残債よりも過払い金の方が多い場合、返還請求すればすぐに借金はなくなりますし、そればかりか払い過ぎた分を取り戻す事ができます。