消費者金融と銀行の違い

消費者金融とは、銀行と同じような金融機関ですが、お金を借りる際には借りやすさや実際に融資を受け取るまでにかかる時間などが大きく異なります。

 

銀行の場合、金融機関の中では審査が比較的厳しいと言われているため、申込んでも審査に通らないということは珍しくありません。

例えば、雇用形態でいうなら正社員でなくパートやアルバイト、フリーターとして働いていると銀行の審査には通りにくいものですし、正社員でも転職したばかりで勤続年数が半年以内、1年以内だったりすると審査落ちする可能性が高くなります。

 

しかし消費者金融の場合には、雇用形態にはあまり関係なく、収入があればパートやアルバイトなどでも借りやすくなっているのが特徴です。

貸し出しスピードの違い

借りるまでの期間も異なります。

 

消費者金融は申し込んでから実際に融資を受けるまでにかかる時間がとても迅速という特徴があり、カードローンやキャッシングなど目的自由な借入商品なら、申込んだその日のうちにお金を借りることも可能です。

 

銀行でも最近はカードローンやキャッシングなどは申し込んだその日のうちに融資実行できる商品も増えているようですが、その銀行に口座を持っている人に限定されていることが多いので、誰でも即日融資が可能というわけではありません。

 

しかし消費者金融では、誰でも審査に通れば即日融資が可能な商品が多いので、急いでいる人にとっては消費者金融の方が便利と言えるでしょう。

金利の違い

消費者金融と銀行とでは、金利も異なります。

 

金利は金融機関ごとに異なりますが、消費者金融は一般的に金利が高めに設定されていることが多く、高額の借入なら低金利で借りられる商品もありますが、少額の借り入れだとどの業者でも代替実質金利は18%程度に設定されているものが多いようです。

 

できるだけ低金利で借りたい人や、返済が長期になってしまう場合には、銀行から低金利で借りる方法を模索したほうが良いかもしれません。

 

しかし、借りても直ぐに返済できるなら、サッと借りることができる消費者金融の方が便利ではないでしょうか。


■当サイトに関する注意事項
当サイトで掲載しております情報につきましては、十分な注意を払って提供しておりますが、法改正により相違が生じる可能性があります。
サイトの情報を利用し判断・行動する場合は弁護士等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。
本ページのいかなる情報により生じた損失に対しても当方は責任を負いません。