カードローンの審査について

MENU

カードローンの審査記事一覧

カードローンを申し込むと、まずは机上審査が行われます。これは書面審査とか書類審査とも呼ばれますが、今はインターネットやコールセンター経由の申込みも多いため、入力フォームに記載した内容やオペレーターが入力した内容をデータ上で審査することもあります。

カードローンは、借りたいからすぐに借りられるとは限りません。返済能力のある人だけが利用できるローンなので、業者側が返済不能、もしくは困難だと判断すれば借りることはできません。借りられるかどうかは、実際には審査を受ける以外に知る方法はありませんが、借りられない状態で審査を受けるのだけは避けたほうがいいでしょう。

カードローンは、急に現金が必要になったときに役立つ便利な現金融資サービスです。この現金融資サービスは、銀行系と消費者金融が行っているのですが、それぞれに特徴があり、使い勝手も、少し違っています。

カードローンの審査基準は各社で異なります。よって、自分の条件に見合った会社を選択して申し込むことが大切です。とはいえ、審査の基準を訊ねたところで教えてくれる金融会社はないので、表に見える情報から判断するしかありません。

審査を経ずに利用することができるカードローンなどありません。落ちたくないという方は、まず情報を収集することから始めましょう。審査基準などは公開されていませんから、基準を知ることは関係者でなければできないことです。

カードローンに申込んだなら必ずあるのが審査です。なぜ必ずあるのかといえば、金融会社もビジネスでやっているわけですから、返済の滞納などがあっては困ります。いくらそれまで優良な顧客であっても、一度滞納が起きて融資が焦げ付けば、それまでの利益など一瞬で相殺されてしまうでしょう。

カードローンの審査では返済能力を問われますが、これはさまざまな要素から判断されます。年収に比例して借入額が大きくなるのは正解ですが、それ以外にも職業、勤続年数はよくチェックされます。完済まで収入が安定するかどうかをチェックされるので、公務員など安定した職業ほど有利となるのです。

昔のカードローンは、今のそれとは比較にならないほど借りやすいものでした。返済が非常に難しいという金額でも、あっさり融資してくれる業者はたくさんあったのです。年収100万円くらいで、3社から借りている方もいましたし、総額300万円のローンを抱えている方もいました。

金融機関にカードローンを申し込むと、審査を受ける事になります。これによってその人にお金を貸しても良いかを金融機関側は調べるのですが、申し込みをした所によってその基準の厳しさ等が違う事もあるので注意しましょう。

お金を借りると言えば、もちろんですが厳しく審査をされるのが普通です。そのために、かつては数日から収集間くらいの審査の期間が必要だったそうですが、現在はそれほど時間をかけなくても良くなっています。