利息制限法について

MENU

利息制限法について記事一覧

利息制限法はお金を借りる時に適用されるもので、元金による差はあるものの上限で20パーセントと定められています。この利息制限法が正しく守られていたとすれば、今現在の過払い金という問題は生じていなかったでしょう。本来この利息制限法により定められている上限金利よりも高い金利は無効であるため、返済の義務はありません。

利息というのは中々計算も面倒くさいものです。分かりづらいというのもありますが、そのために利息制限法に定められている上限金利以上の金利を支払っていることが多数ありました。

貸金業法及び出資法改正前までは、消費者金融の多くでは、利息制限法に定められた金利の上限を守っていませんでした。出資法の金利(改正前は29.2%)の上限を超えないようにだけ気をつけていたのです。本来、利息制限法の金利を超えた場合には支払い義務はありません。

2010年(平成22年)6月18日施行の貸金業法及び出資法改正前まで、利息制限法の金利の上限を超えて貸し出している企業は多くありました。これは法律に違反していることになりますが、当時、利息制限法には罰則がありませんでした。