キャッシングには種類がある

キャッシングをすれば緊急に現金を用立てることができますが、基本的にお金を借りれば金利が発生します。

 

そのため返済金は借り入れ金プラス金利となることを心得て置かなければなりません。

 

キャッシングは借り入れをする会社によって金利も返済条件も様々なので、それぞれの特徴と金利の違いを知ってケースバイケースで利用し分けると良いでしょう。

自分が必要としているサービスを提供してくれる会社を探しておけばいざというときに役に立ちます。

金利重視なら銀行系カードローン

金利の設定が最も低いのは銀行が主体となって業務を行っているカードローンです。

 

ただし、銀行から借り入れする場合には、審査が厳しいという特徴があり、審査にも時間がかかります。

 

緊急時に新規に申し込みをするのでは間に合わない可能性があります。

 

どうしても銀行を利用したいのであれば、万が一を想定して事前に利用申請をしておくとよいでしょう。

借り入れのスピード重視なら消費者金融

とにかくすぐに現金を用意したいという場合には、いわゆる消費者金融系があります。

 

50万円以下の借り入れなら所得証明書の提示は不要なので、インターネットからでも申し込むことができますし、審査にも時間がかからないので、即日利用も可能です。

 

少額の利用で単金貨に返済できる場合にはとても重宝します。

 

また、期日限定で無利子期間を設定している会社もあります。

 

いずれにしても、返済できる算段ができているのならば、無駄な出費をせずにキャッシングできます。

その他のキャッシング方法

他には、クレジッカード系のキャッシングもあります。

 

限度額は低いですがカードを保有していれば改めて申し込みをする必要はありません。

 

ただし、返済方法は一括が基本となっているのが特徴です。

 

さらに、金融機関の統廃合が進んでいて、銀行のグループに参加している金融機関が増えています。

 

そのため、カード名の頭に銀行名が付いているカードもあります。

 

同じ銀行の名前が付いていても複数の種類がありますし、大手のスーパーマーケット系の名前がついたキャッシングができるカードもあります。

 

詳細をしっかりと確認して返済しやすいタイプを選ぶことが大切となります。

 

キャッシングには種類がある関連ページ

従量規制があるから安心?
複数の会社からキャッシングをすれば従量規制から逃れられると考えている人もいますが、消費者金融や銀行はキャッシングに関する情報の共有をしているので、1社からの借り入れ金が少額でも合計額が規制額より多くなってしまうと、借入審査ではねられます。
新規キャッシングを申し込む時の審査とは
審査において特に重要視されているのが収入があるかということです。正社員として働いていて定収入がある場合には、たいていのキャッシング会社の申し込み条件はクリアできます。
キャッシングとカードローンはどう違うか
キャッシングとカードローンは、利用目的によっては使い分けたほうが良いこともあるので、違いを確認しておきましょう。
利息はどのくらいかかるのか知ってくと安心
借り入れる金額や金融機関によって金利は変動するので正確な数値ではありませんが、大まかな金利がわかるので、キャッシングをするときに返済計画が立てやすくなります。
キャッシングするとブラックリストに載る?
何度キャッシングをしても契約通りに返済をして完済ができていれば、事故の記載はされません。いわゆるブラックリストとして残ることはないので安心して利用できます。
キャッシングの審査は収入が低くてもパスできるか
貸金業法には総量規制というのがあって、年収の1/3までしか借り入れができない決まりになっています。
キャッシングのお試し審査とは
消費者金融にはお試し審査というシステムが用意されています。基本的には生年月日、収入、他社からの借り入れ金額などを入力するだけです。