キャッシングのお試し審査とは

キャッシングには興味があるけど、借金をすることと同じなので、と躊躇している人も少なくありません。

 

しかし、緊急に現金が必要となる可能性は誰にでもあります。

 

銀行のATM機が使える時間帯なら良いのですが、深夜だったら使用できません。

また、年末年始には使えないところがほとんどです。なにより通帳に現金が入っていなければ引き出しができません。

 

このような時にキャッシングはとても便利です。

 

多くの場合、必要に迫られたときに利用する金融機関をインターネットで検索して探し出しますが、前もって利用する金融機関を決めておくといざというときに慌てることがありませんし、審査にパスできずにお金が用意できないという心配もくなります。

 

前もって金融機関を探しておくということは、借りる必要が無いのにキャッシングをする、ということではありません。

お試し審査の内容

消費者金融にはお試し審査というシステムが用意されています。

 

運用会社によって多少項目が異なることもありますが、基本的には生年月日、収入、他社からの借り入れ金額などを入力するだけです。

 

既婚か独身かのチェックをすることもあります。

 

ただ、氏名や住居などの個人情報は入力する必要はないので、特定される心配はありません。

 

これだけで審査にパスできる可能性が分かります。

 

実際の審査では過去の借り入れ履歴が信用情報機関でチェックされますので、借金がある場合には期限内に完済しておくとよいでしょう。

 

お試し審査はあてにならないという人もいますが、実際に申請する場合には同時に複数の運用会社への申し込みは不利になります。

 

そのため、どこの金融機関なら確実にパスできるのかという目安がわかりません。

 

しかし、お試しなら個人の特定はされないので安心して、複数の金融機関で試すことができます。

 

本審査にパスできる条件は開示されていませんが、相性の良さそうな金融機関というのが分かります。

 

また、申請の流れもおおよそわかるので、いざというときのキャッシングの備えができます。

 

キャッシングのお試し審査とは関連ページ

キャッシングには種類がある
キャッシングは借り入れをする会社によって金利も返済条件も様々なので、それぞれの特徴と金利の違いを知ってケースバイケースで利用しましょう。
従量規制があるから安心?
複数の会社からキャッシングをすれば従量規制から逃れられると考えている人もいますが、消費者金融や銀行はキャッシングに関する情報の共有をしているので、1社からの借り入れ金が少額でも合計額が規制額より多くなってしまうと、借入審査ではねられます。
新規キャッシングを申し込む時の審査とは
審査において特に重要視されているのが収入があるかということです。正社員として働いていて定収入がある場合には、たいていのキャッシング会社の申し込み条件はクリアできます。
キャッシングとカードローンはどう違うか
キャッシングとカードローンは、利用目的によっては使い分けたほうが良いこともあるので、違いを確認しておきましょう。
利息はどのくらいかかるのか知ってくと安心
借り入れる金額や金融機関によって金利は変動するので正確な数値ではありませんが、大まかな金利がわかるので、キャッシングをするときに返済計画が立てやすくなります。
キャッシングするとブラックリストに載る?
何度キャッシングをしても契約通りに返済をして完済ができていれば、事故の記載はされません。いわゆるブラックリストとして残ることはないので安心して利用できます。
キャッシングの審査は収入が低くてもパスできるか
貸金業法には総量規制というのがあって、年収の1/3までしか借り入れができない決まりになっています。