今借りられる状態か知ること

カードローンは、借りたいからすぐに借りられるとは限りません。

 

返済能力のある人だけが利用できるローンなので、業者側が返済不能、もしくは困難だと判断すれば借りることはできません。

 

借りられるかどうかは、実際には審査を受ける以外に知る方法はありませんが、借りられない状態で審査を受けるのだけは避けたほうがいいでしょう。

例えば、年収の3分の1超の借り入れがある状態では、消費目的として借りることはできないのです。

 

おまとめ、一本化、事業資金といった消費以外の目的がある場合は、借りられる可能性もあります。

自分の年収を3で割ってみる

カードローンは際限なく借りられるわけではありません。

 

総量規制という法律があり、借りられる金額は年収の3分の1となります。

 

年収500万円の方ならば、ご自身の年収を3で割ると約167万円という金額になりますが、この金額は中途半端な数値です。

 

そのため、150万円くらいで落ち着くか、多くとも160万円までになるのが普通です。

 

消費者金融、信販会社などで借りる場合、必ず総量規制による規制がかかります。

 

なお、銀行、信用金庫、農協、漁協などについては、規制の対象外です。

審査で有利になる人とは

ローンの利用履歴が良好な方は、審査に通りやすいです。

 

カードローン会社は、年収だけで信用を測っているわけではありません。

 

最も重要となるのは、きっちりと滞りなく返済してくれる人に貸すことです。

 

しかし、これは融資する前の段階ではわかりませんので、他社のローン履歴、年収などで融資するかどうか決定するのです。

 

催促してこないから、少しくらい遅れてもいい、という安易な気持ちがあれば、将来のローン審査に響くので注意が必要でしょう。

審査で不利になる人とは

審査で不利になる人は、金融機関から信用のない方です。

 

クレジットは信用という意味がありますが、カードローンも一緒なのです。

 

信用のある方に融資するローンなので、信用がなければ借りることはできません。

 

たとえ、人の10倍の年収があっても、過去のローンで何度も遅延していれば、借りることはできないのです。

 

カードローンの審査を受ける前にやるべきこと関連ページ

カードローン審査の流れとチェックポイント
カードローン審査は、机上審査→信用情報のチェック→電話による在籍確認→本人確認書類のチェックという流れで行われます。
消費者金融と銀行系カードローンの違い
消費者金融のサービスに対し、銀行の取り扱うカードローンは、審査がやや厳しいという特徴があります。勤続年数や会社の規模、年収といった要素を基準にして利用の可否が決定される場合が多いのです。
カードローン審査に通過するために
カードローンの審査のものさしは業者によってバラバラです。そのため、ご自身の条件に合った事業所を選んで申し込むことが重要です。
カードローンに審査に甘いところはあるのか
カードローンに審査において甘い事業者はあるのでしょうか?
カードローンの審査に通過するために知っておきたいこと
カードローンに申込む予定なら、総量規制について正確に理解し、どこの金融会社なら申し込めるのか考えてみてみましょう。
カードローンの審査で一番問われるのは返済能力
カードローン業者は、属性、個人信用情報機関などを参考にして融資の可否を決めますが、最も信用できるデータは自社における過去の借入状況なのです。
カードローンの審査は昔と比べてどう変わった?
今のカードローンは、昔よりもずっと審査が厳格ですが、貸付条件はかなりよくなっています。
カードローンを利用する時はまず審査から
収入が沢山あれば審査にも通りやすいと思われがちですが、実は決してそうとは言い切れません。審査の時のポイントは、その人が返してくれるかどうかという事です。