利息はどのくらいかかるのか知ってくと安心

窓口で借り入れの手続をしなくても、キャッシングカードがあれば手軽に引き出しができるのがキャッシングの大きなメリットですが、忘れがちなのが、返済時には引き出し金額に金利がプラスされるという点です。

 

金利は借り入れの金額や返済の期間によって変わってきます。

簡単に借り入れができるとしてもまずは返済計画をしっかりと立ててからにすることが大切です。

 

キャッシングの金利は、ほとんどが1年間借りた場合の割合が表記されいます。

 

1日分の金利を算出するには、借り入れ金に金利をかけて算出した年利を365で割ればわかります。

 

これに完済するまでに日数をかければ返済すべき金利額になります。

 

元金にこの金額をプラスしたものが返済額になります。

 

借り入れる金額や金融機関によって金利は変動するので正確な数値ではありませんが、大まかな金利がわかるので、キャッシングをするときに返済計画が立てやすくなります。

 

単利の場合にはこの計算で大体の金額が分かります。

注意したい複利方式

しかし、金利には複利方式を取り入れている金融機関もあります。

 

複利は、元金と利息を足した金額を元にして計算されます。

 

キャッシングをした初日には元金と1日分の金利を足した金額が返済額となりますが、翌日には1日目の返済額が元金となりそれに対して金利が発生することになります。

 

毎日、元金が増える計算になるので返済額とても高くなります。

 

たとえば審査なし、即日利用可など一般的なキャッシングよりも好条件を提示している消費者金融の中には複利方式の場合があるので注意が必要です。

 

早く現金が必要だとしても利用する消費者金融の利用規約を読まずに安易に利用しないことが大切です。

 

審査が楽で、金利が低いことはお金を借りる側にとってはありがたい条件ですが、金利の計算方法や返済日はしっかりと確認することです。

 

多少金利は高くても大手や銀行の傘下に入っている消費者金融はトラブルが起きにくいです。

 

公式サイトから返済シミュレーションを利用して返済額を確認したり、不明点は納得できるまで電話で確認をすると丁寧に応対してもらえるので安心です。

 

利息はどのくらいかかるのか知ってくと安心関連ページ

キャッシングには種類がある
キャッシングは借り入れをする会社によって金利も返済条件も様々なので、それぞれの特徴と金利の違いを知ってケースバイケースで利用しましょう。
従量規制があるから安心?
複数の会社からキャッシングをすれば従量規制から逃れられると考えている人もいますが、消費者金融や銀行はキャッシングに関する情報の共有をしているので、1社からの借り入れ金が少額でも合計額が規制額より多くなってしまうと、借入審査ではねられます。
新規キャッシングを申し込む時の審査とは
審査において特に重要視されているのが収入があるかということです。正社員として働いていて定収入がある場合には、たいていのキャッシング会社の申し込み条件はクリアできます。
キャッシングとカードローンはどう違うか
キャッシングとカードローンは、利用目的によっては使い分けたほうが良いこともあるので、違いを確認しておきましょう。
キャッシングするとブラックリストに載る?
何度キャッシングをしても契約通りに返済をして完済ができていれば、事故の記載はされません。いわゆるブラックリストとして残ることはないので安心して利用できます。
キャッシングの審査は収入が低くてもパスできるか
貸金業法には総量規制というのがあって、年収の1/3までしか借り入れができない決まりになっています。