カードローンの申込みに必須の審査

カードローンに申込んだなら必ずあるのが審査です。

 

なぜ必ずあるのかといえば、金融会社もビジネスでやっているわけですから、返済の滞納などがあっては困ります。

 

いくらそれまで優良な顧客であっても、一度滞納が起きて融資が焦げ付けば、それまでの利益など一瞬で相殺されてしまうでしょう。

そのため、融資しても大丈夫かどうかを判断するわけです。

 

主に見るのは返済能力で、返済する能力があると判断される必要があります。

総量規制を正しく知りましょう

まずカードローンの審査に通過するためには、総量規制について正しい知識を身につけましょう。

 

総量規制とは、個人の借入を年収の3分の1までと規制するものです。

 

もし、すでに年収の3分の1まで借り入れをしていたとしたら、どんなに申し込んでも無駄に終わってしまいます。

 

ですが、この総量規制には多くの例外があることをご存知でしょうか。

 

家やマンション、医療費などのためのローンは例外となります。

 

また、専業主婦であっても、配偶者と合算して年収の3分の1までであれば借入ができます。

 

それに、銀行はこの総量規制の対象外となっているのです。

支払いの滞納に気をつけましょう

カードローンの審査では、まず始めに個人信用情報が照会されます。

 

これによって何がチェックされるかといえば、支払いの遅延はないか延滞履歴はないかをチェックされるのです。

 

もし、これから申込むつもりなら、返済の延滞などを起こさないように気をつけましょう。

 

支払いの遅延はなにもローンだけでなく、割賦販売で買ったものはすべて対象となります。

 

最近は、スマートフォンを分割払いで購入したにも関わらず、毎月の支払いを通信費と間違い延滞を続けてしまう方が多く問題となっています。

正しい知識で乗り切りましょう

カードローンに申込むのであれば、総量規制のことを正しく理解し、自分はどこなら申し込めるのか考えてみてみましょう。

 

もし、延滞をしたことがあるのなら、その記録が消えるまで待つことも必要です。

 

また、年収の3分の1まで借入があったとしても、銀行などは規制の対象外となっていますから一度申込んでみる価値があります。

 

カードローンの審査に通過するために知っておきたいこと関連ページ

カードローン審査の流れとチェックポイント
カードローン審査は、机上審査→信用情報のチェック→電話による在籍確認→本人確認書類のチェックという流れで行われます。
カードローンの審査を受ける前にやるべきこと
カードローンは、借入したいからといって即座に借りることができるとは限りません。 返済能力がある人に限って使えるローンですので、事業者側が返済不能、あるいは困難であると結論を下したら借り入れることは不可能です。
消費者金融と銀行系カードローンの違い
消費者金融のサービスに対し、銀行の取り扱うカードローンは、審査がやや厳しいという特徴があります。勤続年数や会社の規模、年収といった要素を基準にして利用の可否が決定される場合が多いのです。
カードローン審査に通過するために
カードローンの審査のものさしは業者によってバラバラです。そのため、ご自身の条件に合った事業所を選んで申し込むことが重要です。
カードローンに審査に甘いところはあるのか
カードローンに審査において甘い事業者はあるのでしょうか?
カードローンの審査で一番問われるのは返済能力
カードローン業者は、属性、個人信用情報機関などを参考にして融資の可否を決めますが、最も信用できるデータは自社における過去の借入状況なのです。
カードローンの審査は昔と比べてどう変わった?
今のカードローンは、昔よりもずっと審査が厳格ですが、貸付条件はかなりよくなっています。
カードローンを利用する時はまず審査から
収入が沢山あれば審査にも通りやすいと思われがちですが、実は決してそうとは言い切れません。審査の時のポイントは、その人が返してくれるかどうかという事です。