キャッシングの審査は収入が低くてもパスできるか

消費者金融などの金融機関でキャッシングを利用するにはまずは申し込みをしますが、それだけでは利用することはできません。

 

申し込みをした運営会社ごとに規定している審査にパスして利用開始となります。

 

初めての場合特に気になるのはパスできるか否かという点です。

審査の基準がわかっていれば不安になることはないのですが、審査基準は非公開となっています。

 

利用規約や申請条件をクリアしていればたいていはパスできるので、急いでいるとしても面倒がらずに確認することが必要です。

 

緊急に現金が必要となるケースとして、冠婚葬祭や急な出張いがいにも、病気や学費など予定外の出費で生活費が不足する場合もあります。

 

やりくりやへそくりの充当で乗り越えられない場合にはキャッシングをして一時的に現金を用立てることができます。

 

このような場合、いつかの主婦が家族に内緒で算段することも少なくありませんが、専業主婦やパート収入しかいない場合にはキャッシングができないと思い込んでいる人も多いようです。

総量規制と少額キャッシング

貸金業法には総量規制というのがあって、年収の1/3までしか借り入れができない決まりになっています。

 

しかし、50万円以下の少額のキャッシングの場合には、所得証明の提示は不要なので、安心して申し込むことができます。

 

家計がちょっと苦しい時には専業主婦でもキャッシングをして凌ぐことができます。

 

キャッシングの申請では、過去の借り入れ履歴も審査の対象となります。

 

クレジットカードの利用も厳密に言えば借り入れです。

 

何らかの理由で支払いの引き落としが滞った経験があると、審査にバスできないこともあります。

 

現金払い以外の購買の履歴は信用情報機関に残されているので、クレジットカードを使用する場合には、引き落としに支障がないように口座の管理をすることが必要です。

 

借りたら期日までに返済するということを守っていれば、いざというときのキャッシングで、審査の合否にヤキモキすることはないでしょう。

 

キャッシングの審査は収入が低くてもパスできるか関連ページ

キャッシングには種類がある
キャッシングは借り入れをする会社によって金利も返済条件も様々なので、それぞれの特徴と金利の違いを知ってケースバイケースで利用しましょう。
従量規制があるから安心?
複数の会社からキャッシングをすれば従量規制から逃れられると考えている人もいますが、消費者金融や銀行はキャッシングに関する情報の共有をしているので、1社からの借り入れ金が少額でも合計額が規制額より多くなってしまうと、借入審査ではねられます。
新規キャッシングを申し込む時の審査とは
審査において特に重要視されているのが収入があるかということです。正社員として働いていて定収入がある場合には、たいていのキャッシング会社の申し込み条件はクリアできます。
キャッシングとカードローンはどう違うか
キャッシングとカードローンは、利用目的によっては使い分けたほうが良いこともあるので、違いを確認しておきましょう。
利息はどのくらいかかるのか知ってくと安心
借り入れる金額や金融機関によって金利は変動するので正確な数値ではありませんが、大まかな金利がわかるので、キャッシングをするときに返済計画が立てやすくなります。
キャッシングするとブラックリストに載る?
何度キャッシングをしても契約通りに返済をして完済ができていれば、事故の記載はされません。いわゆるブラックリストとして残ることはないので安心して利用できます。
キャッシングのお試し審査とは
消費者金融にはお試し審査というシステムが用意されています。基本的には生年月日、収入、他社からの借り入れ金額などを入力するだけです。