利息制限法と多重債務者

借入をしているからと言ってその借入先が1社とは限りません。

 

中には複数の消費者金融から借入している人も多くいます。

 

2010年(平成22年)6月18日施行の貸金業法及び出資法改正前までは、その消費者金融はほとんどが利息制限法の金利上限を守っておらず、多重債務者には重荷となっていました。

利息は支払期間が長くなればなるほど大きくなります。

 

利息制限法を守らないのは信販やサラ金だけではありませんでした。

 

銀行系のカード会社も同様だったのです。

 

大手銀行がバックボーンにいるから安心感を得る人が多かったのですが、その実情はどのカード会社も決して利息制限法を守ってなどいなかったのです。

 

多重債務者のほとんどはこうした金融会社から金利の高い借入をしていました。

 

そして支払えなくなると他の企業から借りて返す、それを繰り返してしまっていたのです。

 

そして行き着く先の多くは自己破産です。

 

ですがその前に過払い請求できないか確認してみてください。

 

多重債務者のほとんどが過払い請求すると、今の苦しみから解放されます。

 

支払期間が長くなるほど金利も大きくなりますから、元金に当てても残り、手元に戻ることも多いのです。

 

利息制限法と多重債務者関連ページ

利息制限法とクレジットカード
クレジットカードの金利を見ると、銀行系、信販系、IT系、流通系、石油系、メーカー系、消費者金融系、すべて利息制限法の上限金利を越えるものも多数存在していました。
利息制限法に違反していたら
利息制限法のことを知ったときに、今返済している消費者金融の金利がそれ以上だったとした場合、返してもらう方法はあるのでしょうか。
利息制限法の対象になるのは
過払い請求は利息制限法に定められた金利の上限以上の金利を設定し、それを支払っている、もしくは支払っていた場合請求出来ます。
借金と任意整理
任意整理には借金そのものを無くす程の力はありませんが、自己破産よりも低リスクで行えるメリットがあります。