過払い金の返還を求めるメリット

やはりなんといっても、本来の自分のお金が手元に取り戻せるという点でしょう。

 

また、現在も債務を返済中の方で残債よりも過払い金の方が多い場合、返還請求すればすぐに借金はなくなりますし、そればかりか払い過ぎた分を取り戻す事ができます。

しかも、過払い金には利息の発生が認められています。この年5%の法定利息は、元本(過払い金)が大きいと、無視できないほどの額にもなるのです。

 

また、家族に知られることもありません。

 

個人で返還請求を行うと、裁判所からの通知が自宅に届くなどした際に、家族の目に触れる可能性がありますが、専門家に秘密にしたい旨を伝えて依頼しておけば、うまく計らってくれます。

 

「過去に借金をしたことを知られたくない」という方も、その心配なく返還請求ができるのです。

返還請求に伴うデメリットは?

過払い金の返還を求めた消費者金融や信販会社で、新規に借り入れの契約をすることができなくなります。

 

ただしこれはブラックリストに載っている訳ではなく、あくまでその業者の社内情報によって契約できないだけですから、別の貸金業者で借り入れをする事は可能です。

 

また、債務が残っている方が残債よりも少ない額の過払い金を返還してもらおうとすると、任意整理とみなされてブラックになってしまいます。

 

この場合は個人信用情報に金融事故として記載されるため、事故情報が消えるまでの5年間は借入やクレジットカードの利用ができなくなります。

 

他にも、決着して実際にお金を手にするまで、時間がかかることもデメリットと言えるかもしれません。

 

特に自力だけで請求をしている場合は、相当な労力と根気が必要になります。

 

専門家に依頼している方も、ある程度根気よく待たなくてはいけないでしょう。

 

また、弁護士や司法書士といった専門家に依頼すると、当然ながら報酬の支払いが発生します。

 

独力での返還請求は困難なため、必然的に報酬が必要経費として出てくるのも、意識しておく必要があります。

 

返還請求をする際のメリットとデメリット関連ページ

過払い金があるかも…返還請求をしたいと思ったら
もし過払い金に心当たりがあるのでしたら、できるだけ早く行動を起こす方が良いでしょう。その理由としては、まず時効が10年で成立することがあげられます。
過払い金請求を専門家に依頼する
過払い金の返還請求は、独力でを行う事も可能ですが、専門家に代理を依頼するのが一番ストレスもなく、スムーズに手続きを進める事ができます。
返還請求手続きとは(返還の流れ)
過払い金返還の請求にあたってまず行うこと、交渉の結果による違い等の返還の流れについて解説します。
返還請求によくある誤解
過払い金とはこの2つの上限金利の差(グレーゾーン金利)なのでしょうか。実は正確にいうと、少し違います。
返還請求をする際のポイント
専門家であっても、過払い金返還請求の経験が少ない場合、業者側に有利な条件で和解してしまうケースも見られます。