借金と任意整理

借金をした時は、当たり前ですが返済します。

 

ほぼ全ての状況において利息が付くため、返済期間が伸びれば返済額も増えてしまいますので、計画的に借金返済をしていく事が求められます。

 

定期的に借金を返済できている期間は良いのですが、何らかの事情により難しくなる事もあるでしょう。

 

そんな時は忘れたフリをしたところで、借金は減るどころか利息で増えてしまうので別の方法を考えます。

 

ご存知の方も多いと思われますが、自己破産は一つの手です。

 

手持ちの財産を処分する代わりに借金を無くすもので、かなり強力な手段です。

 

ただ、その前の段階として借金を整理するために用意されているものがあるので、こちらも検討してみると良いでしょう。

 

例えば、任意整理は借金の問題を解決する手段として自己破産よりも低リスクに行えるものです。

無くすという考えではなく減らすという考えにあるのが任意整理

借金は自力で返済していく事が基本ですが、難しい事もあるでしょう。

 

そんな時に、借金をどうにかする救済措置として用意されているものが自己破産などです。

 

自己破産は前述したとおりのものですが、任意整理には借金そのものを無くす程の力はありませんが、自己破産よりも低リスクで行えるメリットがあります。

 

もちろんこれにもリスクは存在し、たとえばブラックリスト入りするため今後しばらくの期間は新たに借金できません。

 

もっとも、これは借金の整理方法全般に言える話なので任意整理に限ったデメリットという訳ではありません。

 

無くすという考えではなく減らすという考えにあるのが任意整理で、話し合いによって返済可能なところまで今の借金を圧縮してもらいます。

 

あくまで借金を減らしてもらう事が目的なので、その後でしっかり返済をしなければなりません。

 

借金をしないというのが一番の方法ですが、状況によってやむを得ない場合もあるでしょう。

 

返済計画は事前に考えておくべき問題であり、しかしまた新たな借金をするという状況が起こらないとも限りません。

 

そうして少しずつ重ねていくと借金は大きなものとなり、手がつけられなくなります。

 

任意整理をはじめとした債務整理の手段を用い、借金の問題を片付けましょう。

 

借金を一度になくす方法は、効果こそ絶大ですが失うものも大きく人生を左右し得るものと言えます。

 

自分だけでなく、家族にも影響が及ぶのがポイントです。

 

借金と任意整理関連ページ

利息制限法とクレジットカード
クレジットカードの金利を見ると、銀行系、信販系、IT系、流通系、石油系、メーカー系、消費者金融系、すべて利息制限法の上限金利を越えるものも多数存在していました。
利息制限法に違反していたら
利息制限法のことを知ったときに、今返済している消費者金融の金利がそれ以上だったとした場合、返してもらう方法はあるのでしょうか。
利息制限法の対象になるのは
過払い請求は利息制限法に定められた金利の上限以上の金利を設定し、それを支払っている、もしくは支払っていた場合請求出来ます。
利息制限法と多重債務者
2010年(平成22年)6月18日施行の貸金業法及び出資法改正前までは、その消費者金融はほとんどが利息制限法の金利上限を守っておらず、多重債務者には重荷となっていました。