利息制限法にのっとった利息計算

利息というのは中々計算も面倒くさいものです。

 

分かりづらいというのもありますが、そのために利息制限法に定められている上限金利以上の金利を支払っていることが多数ありました。

出資法の改定まで、利息制限法を守っている消費者金融は皆無と言ってもいいほどでした。

 

多くの消費者金融は出資法で定められた上限金利29.2%に近い金利をとっていたのです。

 

テレビCMなどに出てくるような大手企業も同じでした。

 

ではなぜ守らないのかというと、利息制限法には罰則がなかったためです。

 

グレーゾーン金利という利息制限法と出資法の間の金利で運営している業者がほとんどという状態でした。

 

悪質な業者をはじめ、グレーゾーン金利を採用している業者にも、利息制限法を適用してもらうのが最善です。

 

インターネットでは、利息制限法に順ずる利息計算ソフトがダウンロードできます。

 

このソフトは同じように過払い金の計算もしてくれますから、訴訟の際にも役立つのです。

 

訴訟は弁護士などを頼るとして、過払い請求に関する資料もこれがあれば作成可能です。

 

過払いした金額を元本の返済に充てるための計算もできますから、一度利用してみるといいでしょう。

 

利息制限法にのっとった利息計算関連ページ

利息制限法とは
今も昔も利息制限法の上限金利は変わっていませんが、出資法による上限金利が引き下げられた事で状況は一変しました。
利息制限法とみなし弁済
改正貸金業法改正によって廃止されたみなし弁済規定とは、貸金業規正法43条の、貸金業者が過払い金の請求を受けた場合に主張できる権利というものでした。
利息制限法と時効
過払い金利は払いすぎた金利のことですが、借りている人は当然これを請求する権利があります。ですがこれには時効があります。