利息制限法の対象になるのは

過払い請求は利息制限法に定められた金利の上限以上の金利を設定し、それを支払っている、もしくは支払っていた場合請求出来ますが、金利の高い金融業者に限られます。

 

またサラ金、信販会社などのローンで、利息制限法の金利を守らない場合にも請求は可能です。

過払い金請求が認められた上に元金に当てられれば、借入もなくなるのです。

 

利息制限法に違反した利息は支払義務が発生しません。

 

ですから過払い請求は当然誰もが行えることなのですが、デメリットもありました。

 

過払い金瀬急をすると、返済期間中の事故とみなされ、信用情報センターなどに登録されることがあったのです。

 

つまりブラックリストに載るということですね。

 

ただし、金融庁の方針により現在はブラックリストの登録されることはありません。

 

元金に当てた後にもまだ支払いが済んでいなければ登録されていたのです。

 

利息制限法に反した業者に関係なく、ブラックリストに載ってしまうのは矛盾していますね。

 

ブラックリストに載ると5〜7年名前が消えることはありませんし、借入もできなくなります。

 

ですが、現在は過払い請求を行ってもブラックリストには載ることはありません。

 

不安に思う方は一度専門家に相談してみましょう。

 

利息制限法の対象になるのは関連ページ

利息制限法とクレジットカード
クレジットカードの金利を見ると、銀行系、信販系、IT系、流通系、石油系、メーカー系、消費者金融系、すべて利息制限法の上限金利を越えるものも多数存在していました。
利息制限法に違反していたら
利息制限法のことを知ったときに、今返済している消費者金融の金利がそれ以上だったとした場合、返してもらう方法はあるのでしょうか。
利息制限法と多重債務者
2010年(平成22年)6月18日施行の貸金業法及び出資法改正前までは、その消費者金融はほとんどが利息制限法の金利上限を守っておらず、多重債務者には重荷となっていました。
借金と任意整理
任意整理には借金そのものを無くす程の力はありませんが、自己破産よりも低リスクで行えるメリットがあります。