返済能力は年収だけで決まるわけではない

カードローンの審査では返済能力を問われますが、これはさまざまな要素から判断されます。

 

年収に比例して借入額が大きくなるのは正解ですが、それ以外にも職業、勤続年数はよくチェックされます。

 

完済まで収入が安定するかどうかをチェックされるので、公務員など安定した職業ほど有利となるのです。

会社員の場合ですと、勤続年数を重視されますが、これは離職の可能性を判断するためです。

 

勤続年数が長いほど、離職率は低くなると判断され、融資において有利になります。

個人信用情報機関のデータ閲覧について

個人信用情報機関では、ローンの利用者情報を登録・管理しています。

 

カードローン業者などの金融機関が開示請求をしたときに、情報提供として開示をするのです。

 

ここには、登録者の過去のローン利用情報が詳しく記載されており、ローン業者はこれを見て融資の可否を判断します。

 

現在の年収が1,000万円だとしても、2年前に債務整理をしてブラックリストに登録されていれば、借りることはできないのです。

 

ブラックリストの登録期間は5年間なので、満了期間までは審査には通りません。

過去に利用した会社なら審査で有利になる

カードローン業者は、属性、個人信用情報機関などを参考にして融資の可否を決めますが、最も信用できるデータは自社における過去の借入状況なのです。

 

例えば、数年前にローンを利用して、しっかりと返済実績を作っておけば、次回借りるときにプラス評価となります。

 

年収が多いからしっかり返済してくれる人ばかりとは限らず、逆に年収が少なくてもきっちり返済してくれる人はいます。

 

結局は融資をして、その返済状況を確かめないと、業者としても判断のしようがありません。

審査を有利にする方法がある

カードローンの審査は、すべて業者任せだと思われるでしょうが、申込者が行える対策もあるのです。

 

それは、借りる金額を最小限に抑えることです。

 

カードローンを利用するとき、たくさん利用枠を確保したほうが、困ったときに役立つと考えるでしょう。

 

しかし、これは借りすぎにつながるため、本当に必要な金額で審査の申し込みをするようにしてください。

 

カードローンの審査で一番問われるのは返済能力関連ページ

カードローン審査の流れとチェックポイント
カードローン審査は、机上審査→信用情報のチェック→電話による在籍確認→本人確認書類のチェックという流れで行われます。
カードローンの審査を受ける前にやるべきこと
カードローンは、借入したいからといって即座に借りることができるとは限りません。 返済能力がある人に限って使えるローンですので、事業者側が返済不能、あるいは困難であると結論を下したら借り入れることは不可能です。
消費者金融と銀行系カードローンの違い
消費者金融のサービスに対し、銀行の取り扱うカードローンは、審査がやや厳しいという特徴があります。勤続年数や会社の規模、年収といった要素を基準にして利用の可否が決定される場合が多いのです。
カードローン審査に通過するために
カードローンの審査のものさしは業者によってバラバラです。そのため、ご自身の条件に合った事業所を選んで申し込むことが重要です。
カードローンに審査に甘いところはあるのか
カードローンに審査において甘い事業者はあるのでしょうか?
カードローンの審査に通過するために知っておきたいこと
カードローンに申込む予定なら、総量規制について正確に理解し、どこの金融会社なら申し込めるのか考えてみてみましょう。
カードローンの審査は昔と比べてどう変わった?
今のカードローンは、昔よりもずっと審査が厳格ですが、貸付条件はかなりよくなっています。
カードローンを利用する時はまず審査から
収入が沢山あれば審査にも通りやすいと思われがちですが、実は決してそうとは言い切れません。審査の時のポイントは、その人が返してくれるかどうかという事です。