消費者金融は何回で返済できるのか?

消費者金融からお金を借りると、それぞれの業者ごと、借入商品ごとに最長返済期間が決まっています。

 

その範囲を超えなければ、自分の返済能力と相談しながら返済期間を決めることができます。

 

返済期間を長くすれば、毎月の返済額が少なくなるので生活には余裕が出ますが、その代わり返済期間が長くなっていつまでたってもなかなか完済できないということになりかねません。

また、返済では元金返済に加えて利息返済も行うので、完済までに支払う金額の総額は、返済期間が長くなればなるほど多くなってしまいます。

 

消費者金融からお金を借りた場合、最もお得に返済するのは、短期間でさっと完済してしまう方法です。

 

例えばお給料日前に生活費が足りなくなってしまったとか、あと数日間の食費を借りたい、なんて場合には、少額を借りて給料日に借りた分を完済してしまえば、支払う利息も少なくて済みます。

消費者金融の中には、無利息期間キャンペーンがついていて、借りてから一定期間なら利息がまったく付かないというお得なキャンペーンを利用して借りる方法もあります。

 

多くの場合、この無利息期間キャンペーンは初回の借り入れに限定されていますが、消費者金融によっては毎月もしくは隔月で無利息期間を楽しめる借り入れ商品もあるので、定期的に借りるかもしれないという人なら、そうした商品を選ぶと良いでしょう。

 

ちなみに、この無利息期間キャンペーン内に完済した場合には、利息が一切つかず、実質金利0%で借りたということになります。

 

消費者金融の返済期間を決める場合、毎月の返済がいくらになるのかをしっかり把握することが大切です。

 

そのためには、自分の収入がいくらあって住居費や光熱費にいくらかかっていて、返済にいくらの余裕があるのかを計算しなければいけません。

 

返済能力を超えた借り入れは、遅かれ早かれ多重債務者になるリスクを高くしてしまいますし、毎日の生活を圧迫することで精神的なストレスも大きくなってしまいます。注意しましょう。

 

消費者金融は何回で返済できるのか?関連ページ

消費者金融と銀行の違い
消費者金融と銀行の違いとして、1.審査の通りやすさ2.借りるまでの期間3.金利の違いの3つがあげられます。
消費者金融は闇金なの?
お金を借りる場合には、クリーンで合法的に貸金業を営んでいる業者を選ぶことが、安心して借りて完済するまで長く付き合える消費者金融と言えるでしょう。
今日中にお金を借りるなら消費者金融がおすすめ
消費者金融の場合には、申込んだら数秒で仮審査の結果を知ることができ、とりあえず借りられるのかどうかを知ることができます。
消費者金融の審査とは
消費者金融の審査では、主にその人の返済能力が調べられます。正社員かパート、自営業といった雇用形態がチェックされますし、年収や勤続年数も審査基準となります。
消費者金融の総量規制とは
総量規制とは、借入金額が収入の3分の1を超えてはいけないというルールです。借入金額は1社からの借り入れだけではなく、貸金業法が適用されるカードローンやキャッシング、クレジットカードなどが全て含まれます。
消費者金融で即日にお金を借りるコツ
早めに申し込んだほうが即日融資を受けられる可能性は高くなりますから、消費者金融から今日中にお金を借りる必要がある時には、モタモタせずに素早く早い時間に申し込むようにしましょう。
消費者金融の申し込み方
必要書類が揃わないと審査を受けることができないので、あらかじめどんな書類が必要なのかはチェックしておいて、迅速に送るようにしましょう。
消費者金融の返済方法とは
消費者金融の返済方法はいくつかの方法があります。最も便利なのが、提携している銀行やコンビニのATMを使って返済するという方法です。