昔のカードローンの審査は非常に通りやすかった

昔のカードローンは、今のそれとは比較にならないほど借りやすいものでした。

 

返済が非常に難しいという金額でも、あっさり融資してくれる業者はたくさんあったのです。

 

年収100万円くらいで、3社から借りている方もいましたし、総額300万円のローンを抱えている方もいました。

現在では300万円借りるとなると、1,000万円近い年収がないと無理です。

 

そのうえ、今よりもはるかに高金利で、完済するのが非常に困難でした。

今のカードローンは借りにくいけど好条件

今のカードローンは、昔よりもずっと審査が厳格ですが、貸付条件はかなりよくなっています。

 

50万円の融資に対して、実質年率17%台を設定してくれる消費者金融は、昔はほとんどありませんでした。

 

しかし、現在は17%台の金利が主流となり、18%ではむしろ高いという状態です。

 

カードローンの利用人口が再び増えてきた要因には、低金利で借りられるメリットが大きいのです。

 

借りられる金額は昔の半分以下となっていますが、この金額は年収を考慮すると妥当なものでしょう。

審査は1社目が最も有利になる

カードローンの審査というのは、1社目が最も有利になるものなのです。

 

たくさんの業者で審査を受けた方ならば、あとの業者ほど落とされる確率が高いことに気づいているかもしれません。

 

これは単なる偶然ではなく、申込ブラックという状況に陥ることで、借りるのは非常に困難になるためです。

 

各業者では申込ブラックについて詳しい記載はしていませんが、通常3社を超えて審査を受けると登録されると言われています。

 

ローン業者を選ぶときは、1社に絞るべきでしょう。

簡易審査なら何度受けてもOK

簡易審査と呼ばれるものは、何度受けても申込ブラックになることがありません。

 

氏名・住所・電話番号を入力しなくていいので、個人を特定されることがないのです。

 

必要となる情報は、年収と他社借入額のほか、加入保険の状態を聞かれることもあります。

 

融資の可否は1分もせずにわかるので、こちらを試してから申し込みを検討するといいです。

 

カードローンの審査は昔と比べてどう変わった?関連ページ

カードローン審査の流れとチェックポイント
カードローン審査は、机上審査→信用情報のチェック→電話による在籍確認→本人確認書類のチェックという流れで行われます。
カードローンの審査を受ける前にやるべきこと
カードローンは、借入したいからといって即座に借りることができるとは限りません。 返済能力がある人に限って使えるローンですので、事業者側が返済不能、あるいは困難であると結論を下したら借り入れることは不可能です。
消費者金融と銀行系カードローンの違い
消費者金融のサービスに対し、銀行の取り扱うカードローンは、審査がやや厳しいという特徴があります。勤続年数や会社の規模、年収といった要素を基準にして利用の可否が決定される場合が多いのです。
カードローン審査に通過するために
カードローンの審査のものさしは業者によってバラバラです。そのため、ご自身の条件に合った事業所を選んで申し込むことが重要です。
カードローンに審査に甘いところはあるのか
カードローンに審査において甘い事業者はあるのでしょうか?
カードローンの審査に通過するために知っておきたいこと
カードローンに申込む予定なら、総量規制について正確に理解し、どこの金融会社なら申し込めるのか考えてみてみましょう。
カードローンの審査で一番問われるのは返済能力
カードローン業者は、属性、個人信用情報機関などを参考にして融資の可否を決めますが、最も信用できるデータは自社における過去の借入状況なのです。
カードローンを利用する時はまず審査から
収入が沢山あれば審査にも通りやすいと思われがちですが、実は決してそうとは言い切れません。審査の時のポイントは、その人が返してくれるかどうかという事です。