消費者金融と銀行の違い

消費者金融とは、銀行と同じような金融機関ですが、お金を借りる際には借りやすさや実際に融資を受け取るまでにかかる時間などが大きく異なります。

 

銀行の場合、金融機関の中では審査が比較的厳しいと言われているため、申込んでも審査に通らないということは珍しくありません。

例えば、雇用形態でいうなら正社員でなくパートやアルバイト、フリーターとして働いていると銀行の審査には通りにくいものですし、正社員でも転職したばかりで勤続年数が半年以内、1年以内だったりすると審査落ちする可能性が高くなります。

 

しかし消費者金融の場合には、雇用形態にはあまり関係なく、収入があればパートやアルバイトなどでも借りやすくなっているのが特徴です。

貸し出しスピードの違い

借りるまでの期間も異なります。

 

消費者金融は申し込んでから実際に融資を受けるまでにかかる時間がとても迅速という特徴があり、カードローンやキャッシングなど目的自由な借入商品なら、申込んだその日のうちにお金を借りることも可能です。

 

銀行でも最近はカードローンやキャッシングなどは申し込んだその日のうちに融資実行できる商品も増えているようですが、その銀行に口座を持っている人に限定されていることが多いので、誰でも即日融資が可能というわけではありません。

 

しかし消費者金融では、誰でも審査に通れば即日融資が可能な商品が多いので、急いでいる人にとっては消費者金融の方が便利と言えるでしょう。

金利の違い

消費者金融と銀行とでは、金利も異なります。

 

金利は金融機関ごとに異なりますが、消費者金融は一般的に金利が高めに設定されていることが多く、高額の借入なら低金利で借りられる商品もありますが、少額の借り入れだとどの業者でも代替実質金利は18%程度に設定されているものが多いようです。

 

できるだけ低金利で借りたい人や、返済が長期になってしまう場合には、銀行から低金利で借りる方法を模索したほうが良いかもしれません。

 

しかし、借りても直ぐに返済できるなら、サッと借りることができる消費者金融の方が便利ではないでしょうか。

 

消費者金融と銀行の違い関連ページ

消費者金融は闇金なの?
お金を借りる場合には、クリーンで合法的に貸金業を営んでいる業者を選ぶことが、安心して借りて完済するまで長く付き合える消費者金融と言えるでしょう。
今日中にお金を借りるなら消費者金融がおすすめ
消費者金融の場合には、申込んだら数秒で仮審査の結果を知ることができ、とりあえず借りられるのかどうかを知ることができます。
消費者金融の審査とは
消費者金融の審査では、主にその人の返済能力が調べられます。正社員かパート、自営業といった雇用形態がチェックされますし、年収や勤続年数も審査基準となります。
消費者金融の総量規制とは
総量規制とは、借入金額が収入の3分の1を超えてはいけないというルールです。借入金額は1社からの借り入れだけではなく、貸金業法が適用されるカードローンやキャッシング、クレジットカードなどが全て含まれます。
消費者金融で即日にお金を借りるコツ
早めに申し込んだほうが即日融資を受けられる可能性は高くなりますから、消費者金融から今日中にお金を借りる必要がある時には、モタモタせずに素早く早い時間に申し込むようにしましょう。
消費者金融の申し込み方
必要書類が揃わないと審査を受けることができないので、あらかじめどんな書類が必要なのかはチェックしておいて、迅速に送るようにしましょう。
消費者金融の返済方法とは
消費者金融の返済方法はいくつかの方法があります。最も便利なのが、提携している銀行やコンビニのATMを使って返済するという方法です。