利息制限法と時効

2010年(平成22年)6月18日施行の貸金業法及び出資法改正前まで、利息制限法の金利の上限を超えて貸し出している企業は多くありました。

 

これは法律に違反していることになりますが、当時、利息制限法には罰則がありませんでした。

過払い金利は払いすぎた金利のことですが、借りている人は当然これを請求する権利があります。

 

ですがこれには時効があります。

 

法律違反しているのに時効があることに矛盾を感じる人もいるでしょう。

過払い金の時効は完済後10年

現在返金をし続けている契約に時効はありませんが、完済した分には時効があります。

 

時効は完済後10年と決められています。

 

つまり、10年をすぎると課払い請求できないようになっているのです。

 

繰上げで完済した場合は完済した日からということになります。

 

逆に、支払いが終わった契約書が利息制限法を守っていなかった場合、10年以内であれば過払い請求ができるということになります。

 

契約書を残しているなら、一度確認してみるといいでしょう。

 

そして専門家に相談し、取り戻せるなら取り戻しましょう。

 

利息制限法と時効関連ページ

利息制限法とは
今も昔も利息制限法の上限金利は変わっていませんが、出資法による上限金利が引き下げられた事で状況は一変しました。
利息制限法にのっとった利息計算
利息というのは中々計算も面倒くさいものです。分かりづらいというのもありますが、そのために利息制限法に定められている上限金利以上の金利を支払っていることが多数ありました。
利息制限法とみなし弁済
改正貸金業法改正によって廃止されたみなし弁済規定とは、貸金業規正法43条の、貸金業者が過払い金の請求を受けた場合に主張できる権利というものでした。